会員様の声

「B.M.L.トレーニングによる怪我の克服体験」(Vol.67-1 平成28年12月1日(木))

私は20149月に3年も迷った末に「ワールドウィング京都」に入会しました。



学生時代からシングルスメインのテニスを続けていますが、この大好きなテニスができなくなる危機が以下の3回ありました。そして、B.M.L.トレーニングによりこの危機の克服を大いに助けられたのです。


   19987月 マウンテンバイクで左肩の鎖骨・肩甲骨を骨折

   20144月 テニスのプレー中に臀部を強打して坐骨神経痛を発症

   201510月 テニスのプレー中に大転倒して左手首を骨折


   左肩骨折は水泳(スイム)で何とか治しましたが、違和感が少し残りました。2000年ごろ水泳(スイム)の友人からB.M.L.トレーニングについて教えてもらい、普通のウエイトトレーニングのマシンでB.M.L.トレーニングの真似をしていました。2011年にテニスの友人から「ワールドウィング京都」について教えてもらい体験も受けましたが、これまでのリハビリメニューでなんとかしておりました。



 

そんな時に②坐骨神経痛を発症してしまい、走るのも辛くなったのを機に、思い切って「ワールドウィング京都」に入会しました。インストラクターの正しい指導に基づく本物のB.M.L.Tマシンによる成果は大きく、坐骨神経痛も左肩の違和感も軽くなってきました。



 

昨年③左手首を骨折して相当に落胆しましたが、今度は最初から的確なB.M.L.トレーニングによるリハビリメニューを組んでいただいたおかげで、3ヶ月でテニス復帰を果たし、丸一年経った今は以前のレベルでプレー可能となっています。



 

このような困難なリハビリ体験を通して、本物のB.M.L.トレーニングの良さを実感し、街の真ん中で便利に使わせてもらえる「ワールドウィング京都」に心から感謝しています。



 

M.K.様 一般男性会員様 硬式テニス 

「ワールドウィング京都」と私(Vol.66-2 平成28年11月1日(火))

IMG_0016.JPGIMG_0012.JPG







































 

友人の紹介で「初動負荷トレーニング」を知りました。施設見学でコーチの丁寧な説明をうけ、使用器具、方法も他のジムのものと全く異なるものであることも印象的でした。

 


現在、通い始めて約3年になります。当初週1回くらいのペースでしたが、最近は自分の仕事のペースに合わせて、週23回と回数もやや増えてきました。気づかないうちに自己流でトレーニングを続けてしまうこともありますが、コーチに適切にアシストしていただいています。マンネリになりがちなトレーニングメニューも相談して少し変化をつけていただき、日々新鮮な気持ちでトレーニングを続けています。


 

仕事柄細かい手作業が多く、肩こり、腰痛が持病といっていいほどでしたが、現在は各部位が軽快に動くようになってきています。月12回のゴルフのラウンドでも身体が軽く回転するようになり、前向きにプレーに取り組めるようになってきました。トレーニングを続けて行くうちに関節の可動域も広がり、足腰の柔軟性も出てきたので、学生時代に親しんだスキーも再開しようかと思うほどになりました。


 

スタッフの方、コーチもとても親切で、会員の方々のマナーも良く、長く続けたいと思っております。

 

橋本 輝夫様 一般男性会員様 65歳 

 


出会えて良かった「初動負荷トレーニング」(Vol.66-1 平成28年11月1日(火))

「ワールドウィング京都」にお世話になってから早や3年半になります。

たまたまネットで見つけたのがきっかけですが、体験させてもらったときからそれまでのスポーツジムのマシン運動とは違う身体の感触がありました。

筋力トレーニングをしているのに身体はほぐれていく不思議な感覚です。



 

各マシンでのトレーニングを教えていただいた直後は、理想の動きには程遠く、なんだかぎくしゃくしていてかっこ悪いのですが、辛抱して続けていると少しスムーズに動くようになっていきます。その頃を見計らったかのように「どうですか?」とコーチからお声がかかり、再チェックしていただくと意識するポイントが少しずれていたことがわかります。一つひとつは地味な動きの繰り返しですが、試行錯誤を繰り返しながらでも続けて行くことで筋力や可動性が向上しているように思います。



 

何かスポーツをしているわけではありませんので、目に見える成果は出ませんが、以前よりはバランスよく歩けるようになっているのではないかと感じています。



 

今年、屋久島に行き縄文杉へのトレッキングを満喫(まんきつ)できたのは、「初動負荷トレーニング」のおかげと感謝しています。年を重ねても故障なく自分の足で行きたいところへ行けるように、これからもマイペースで続けていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



メダル.JPG

大阪マラソン・チャレンジラン(8・8km)走ってきました。




 

K.A.様 一般女性会員様  

 

ドライバー飛距離アップ(Vol.65-2 平成28年10月1日(土))

松尾さん1.jpg
松尾さん2.jpg





































 







ゴルファーなら誰しも願うのが飛距離アップです。

 

私は16歳からゴルフをしてまして、50歳を過ぎて飛距離アップはムリだと思っておりました。アプローチ・パターでスコアメイクしないと...と思って、ドライバーはフェアウェイに置くことでスコアアップにつながると思ってました。

 

ところが、友達の勧めでトレーニングに通うこととなり、続けるうちに腰痛がなくなり飛距離がアップしました。3年前に、思い切って通うことにしたのが私のゴルフ人生の再出発、トレーナーの方に、ゴルフに特化した、適切で親切な指導をしていただきまして、今年は今月(10月)の「日本女子シニアゴルフ選手権」に出場することが決まりました。

 

ドライバーの飛距離がアップすることですべてがスコアにつながるということではありませんが、諦めていたことが叶ったり、前向きな挑戦につながると思います。またひとつ楽しみが増えました。感謝です。

 

松尾 香代子様 一般女性会員様 54歳 ゴルフ

 



70代を楽しく!(Vol.65-1 平成28年10月1日(土))

IMG_0006.JPG
IMG_0009.JPG


































 




平成19127日に30年振りに故郷/京都に戻りました。全く新しい故郷での生活作り、それにも増して体力の維持増進の再構築と、久しぶりの故郷はなかなかその解を教えてはくれませんでした。

 

私の信条は50代に60代を乗り切れる体力、60代に70代を乗り切れる体力作りを目指して励んでおりました。が、久しぶりの帰郷での新生活、大阪本社への通勤と日を追うごとに体力の衰えを覚え、家内の勧めもあり、平成2717日に「ワールドウィング京都」で体験トレーニングをさせていただきました。それから週一度のジム通いも億劫(おっくう)にも思わずに今日まで通うことができました。

 

今年に入り体幹が鍛えられてきたのか、腰の調子も良く、肩の痛みも薄れ、ゴルフにおいても確かなスウィングができているのか飛距離も伸びてきたように思います。


70代を目前にして良いトレーニング法が見つかり、家内共々健康で楽しいゴルフライフを送りたいと思っております。

 

横山 (まさ)(より)様 一般男性会員様  68歳 ゴルフ(枚方カントリー倶楽部)

 



« 前へ | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | »