会員様の声

初動負荷トレーニングで息の長いランナーを目指して(Vol.70-2 平成29年2月28日(火))

20160221_写真_京都マラソン_大南.jpgIMG_0096.JPG






































 

「初動負荷トレーニング」を初めて知ったのは2012年、京都商工会議所主催の「貿易実務講座」です。

 

偶然、同じ講座を受講されていた弁護士のS.T.さんから「初動負荷トレーニングを始めてテニス大会で優勝するほど力強く打ち返せるようになった」と伺い、衝撃を受けました。人の話を素直に聞き、取り入れる私()は早速入会、さらにはテレビでイチロー選手が同じマシンに取り組んでいるのを見て、真剣に取り組むようになりました。

 

コツコツ続け、これまでに「サブ3(スリー)(フルマラソン3時間切り)」を5回達成し、制限時間4時間30分の「富士登山競走」も3時間40分で完走できました。半年ごとの「体力測定会」も毎回参加して、少しずつ記録を更新、今では楽しみになっています。一昨年前には鳥取の本部合宿にも参加し、他府県に仲間ができました。

 

マラソンの場合、「30kmの壁」と言われるように、終盤は必ずしんどく(・・・・)なりますが、「初動負荷トレーニング」に取り組むことで、力を入れることよりも、抜くことを意識するようになり、最後までペースダウンしなくなりました。さらに、ストライドや腕振り等、関節の可動域も以前に比べ拡がりました。

 

37歳からマラソンを始め早10年、初めは45歳ぐらいまでと思っていましたが、今も自己ベストを更新していて、まだまだ続けたい気持ちでいっぱいです。今年の目標は、「100kmウルトラマラソン/サブ9.5」、「富士登山競走/サブ4」、「フルマラソン/サブ3」から成る<年間グランドスラム>の達成です。

 

今後も「初動負荷トレーニング」と自分の可能性を信じ、イチロー選手や山本昌投手のような息の長い選手を目指し、楽しみながらトレーニングを続けて行きたいと思います。

 

大南 平亨様 一般男性会員様 47歳 マラソン/マラソン完走クラブ所属

糖尿病の完治とラグビーへの復帰が目標(Vol.70-1 平成29年2月28日(火))

IMG_0104.JPG
IMG_0100.JPG









































「初動負荷トレーニング」を始めたのは2年ほど前ですが、正直にいえば熱心な会員ではありませんでした。

 

転機は昨年10月の糖尿病での入院。退院後も、食事における総摂取カロリー制限と、運動の継続が必要です。医師と相談の上、週3回「ワールドウィング京都」へ歩いて通い、トレーニングするのを目標としました。

 

2ヶ月で効果が出ました。血糖等の検査値が全て正常に戻り、投薬も中止してもよくなって先生も驚いていました。トレーニングが過度な負担もなく、続けやすいことが効果につながったと思います。

 

現在、体重が約10kg減り、身体の柔軟性が増してきました。長年の肩痛もよくなりました。治らないとされる糖尿病の完治と、ドクターストップ中のラグビーへの復帰を目標に、トレーニングを続けていきます。

  

H.Y.様 一般男性会員様 60歳  

 


様々な可能性を秘めたトレーニングに出会って。(Vol.69-2 平成29年1月31日(火))

IMG_0089.JPGIMG_0094.JPG










































「初動負荷トレーニング」に出会ったきっかけはサーフィンで起こした腰椎(ようつい)ヘルニアでした。整骨院、整形外科を受診するも腰痛は一向に改善の(きざ)しがなく、「身体の老い、スポーツの潮時(しおどき)とはこういうものか」と半ば(あきら)めかけていたところ、知人に紹介してもらったのが「初動負荷トレーニング」でした。



最初は半信半疑で始めましたが、トレーニングを継続するにつれ、痛みが改善するだけでなく、サーフィンも上達していくのが自分でも感じられました。最近は海で久々に会った友人達に、「見違えるほどライディングがきれいになった。」と言われます。今では月に1度海に行くだけですが、全く痛みなどなく、とても気持ちよく波乗りを楽しめています。


 

また、昨年の秋には鳥取本部へ合宿に行きました。リハビリのために遠方から訪れている方々の病状の改善談や、小山先生から直接、マシンの機能やデータの話を聞く中で、このトレーニングの神経・筋疾患(しっかん)に対する治療、全身の血液循環改善など、今後の高齢化社会、医療に貢献していく可能性を感じました。


 

団塊(だんかい)世代の両親も「ワールドウィング京都」でトレーニングを行っていますが、ウォーキング、畑仕事、(もち)つきなどを何の苦もなく楽しんでいるのを見て、紹介してよかったととても喜んでいます。


 

今後、「ワールドウィング」に関わる方々のスポーツの結果はもちろんのこと、健康寿命の維持にも大きな期待を(ふく)らませています。


 

K.K.様 一般男性会員様 37歳 サーフィン/医師   

新しいスタートで充実の毎日(Vol.69-1 平成29年1月31日(火))

IMG_0083.JPGIMG_0085.JPG









































還暦を迎え、新しいことに挑戦しようと、若い時から(あこが)れの楽器/マリンバを習い始めました。はや1年。節目に、大胆にも発表会に出演させていただきました。そして、ゴルフも練習をしてからコースに出るようにしました。

 


身体作りをしたいと前々から思っていましたので、ゴルフのお友達に「ワールドウィング京都」を紹介してもらい、体験後すぐに入会を決めました。それからの生活はコロッと変わってしまい、仕事の前やお昼休みに時間をつくり、できる限りトレーニングに通うように、1日のスケジュールをたて充実した毎日を送るようになりました。

 


忙しい毎日を過ごすこととなり、お陰で体重は2キロ減りました。ゴルフでは飛距離も伸び、夢の80台が出ました(^ ^)お酒を飲みに行く機会も多く、次の日は必ず朝から汗を流しに「ワールドウィング京都」に行くのが当たり前になりました。山口コーチにご指導いただき、楽しく通わせていただいております。



 

井川 幸子様 一般女性会員様 61歳 ゴルフ 

 


「初動負荷トレーニング」との出会いと現在(Vol.68-2 平成28年12月28日(水))

IMG_0081.JPGIMG_0075.JPG























「初動負荷トレーニング」との出会いは5年前、赴任先の松山(愛媛県)でのことです。

 

水泳が趣味で<マスターズ>という競泳競技会に出場していますが、身体が硬く、特に肩周りは疲労感や()りに悩まされ、練習内容も安定しない状態が続いていました。「それなら、うってつけのジムがあるよ!」と水泳仲間から紹介していただいたのが「ワールドウイング松山」さんでした。

  

初めて体験した肩のマシンは忘れられません。経験したことのない動き、肩から生じた音(笑)、そして終わった後は軽く柔らかくなり、今までの悩みはなんだったのか...と思うほど、一瞬にして重たいものが取り払われる感じでした。トレーニング直後は特に身体が良く動きます。可動域が広がり、身体の反応が良く、いきなり速く泳げてしまう―これも驚きでした。今までできなかった質の高い練習が積めるようになりました。


余計な力が入り過ぎていることにも気がつきました。(りき)むとうまくマシンを扱えない為、力の入れ所、抜き所を意識しています。実際の泳ぎも同じ意識を持つことで、感覚やバランスも良く、スイムレッスンでのアドバイスもしっかり取り込めるようになってきたと感じます。

 

現在は関西に戻り、松山さんでお世話になっていた児玉コーチ(※)の元、「ワールドウィング京都」でトレーニングを再開。色々とアドバイスをいただきながら続けています。その甲斐あって、2016年は「自由形」の2種目でおよそ8年振りに自己ベストを更新できました。30代の、タイムが出る「高速水着」着用での自己ベストを更新できた、その土台をつくってくれた「初動負荷トレーニング」に感謝しています。


2017年も楽しく、故障なく競技を続けていきたいと思います。引き続き、よろしくお願い致します。


 

(※)スタッフの児玉は、2012年の夏から1年強、「ワールドウィング松山」様に出向の形で勤務させていただいていました。


 

T.S.様 一般男性会員様 42歳 水泳(マスターズ競泳) 
































« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | »