会員様の声

「初動負荷トレーニング」との出会いと現在(Vol.68-2 平成28年12月28日(水))

IMG_0081.JPGIMG_0075.JPG























「初動負荷トレーニング」との出会いは5年前、赴任先の松山(愛媛県)でのことです。

 

水泳が趣味で<マスターズ>という競泳競技会に出場していますが、身体が硬く、特に肩周りは疲労感や()りに悩まされ、練習内容も安定しない状態が続いていました。「それなら、うってつけのジムがあるよ!」と水泳仲間から紹介していただいたのが「ワールドウイング松山」さんでした。

  

初めて体験した肩のマシンは忘れられません。経験したことのない動き、肩から生じた音(笑)、そして終わった後は軽く柔らかくなり、今までの悩みはなんだったのか...と思うほど、一瞬にして重たいものが取り払われる感じでした。トレーニング直後は特に身体が良く動きます。可動域が広がり、身体の反応が良く、いきなり速く泳げてしまう―これも驚きでした。今までできなかった質の高い練習が積めるようになりました。


余計な力が入り過ぎていることにも気がつきました。(りき)むとうまくマシンを扱えない為、力の入れ所、抜き所を意識しています。実際の泳ぎも同じ意識を持つことで、感覚やバランスも良く、スイムレッスンでのアドバイスもしっかり取り込めるようになってきたと感じます。

 

現在は関西に戻り、松山さんでお世話になっていた児玉コーチ(※)の元、「ワールドウィング京都」でトレーニングを再開。色々とアドバイスをいただきながら続けています。その甲斐あって、2016年は「自由形」の2種目でおよそ8年振りに自己ベストを更新できました。30代の、タイムが出る「高速水着」着用での自己ベストを更新できた、その土台をつくってくれた「初動負荷トレーニング」に感謝しています。


2017年も楽しく、故障なく競技を続けていきたいと思います。引き続き、よろしくお願い致します。


 

(※)スタッフの児玉は、2012年の夏から1年強、「ワールドウィング松山」様に出向の形で勤務させていただいていました。


 

T.S.様 一般男性会員様 42歳 水泳(マスターズ競泳) 
































復帰に向けて(Vol.68-1 平成28年12月28日(水))

約半年前、テニスの練習試合中に(ふくら)(はぎ)の肉離れを起こしてしまいました。

 



その後テニスは休み、電気治療やリハビリ訓練を続けていましたが、(ふくら)(はぎ)の痛みは一向に消えず、復帰への道がなかなか見えないことに不安と焦りを覚えていました。ちょうどその頃、インターネットでリハビリや復帰へ向けた訓練方法を自分なりに調べていたら、「初動負荷トレーニング」のページを見つけました。



 

早速、「ワールドウィング京都」を訪れ、体験トレーニングを経て入会。ほぼ毎日通ってトレーニングを続けた結果、約3ヶ月経った頃、(ふくら)(はぎ)の硬さが取れ、少しずつテニスの練習も再開できて、先日はトップ選手とのハードな練習にも耐えられるようになりました。



 

児玉コーチに組んでもらったトレーニングメニューをこなす中で、(ふくら)(はぎ)だけでなく、身体全体のしなやかさが増し、無理なく身体を動かせるようになったことから、これまで(つちか)ってきたテニス技術をより具現化できるようになったとも感じています。

 



今後も大事なテニスを続けていくことができるように、「ワールドウィング京都」でのトレーニングを活用して、公式戦への復帰を果たしたいと思っています。


クレインス②.JPG

 









●今回はご自身の代わりに、愛用のラケット/ウィルソン・プロスタッフの写真をご提供いただきました♪



K.様 一般男性会員様 硬式テニス 

 
























充実した毎日のために(Vol.67-2 平成28年12月1日(木))


青山様①.JPG青山様②.JPG























昨年秋のまだ京都に住み始めたばかりの頃、ジムの前を通りかかり、「初動負荷トレーニング」の存在を知りました。

 

それまでもマラソンや筋トレ等、運動は楽しく継続してきましたが、常に疲れやコリから解放されず、体の(ゆが)みも気になっていました。仕事に追われる日々が続き、体調管理の方法を見直す必要性も強く感じていました。

 

 

こちらの施設では専用のマシンで負荷を調整しながら、無理なくトレーニングができます。 同じ姿勢や緊張で硬くなった身体がほぐれ、毎回爽快(そうかい)感や身体全体が整った感覚を得られます。現在では大分疲れを解消しやすくなり、心の余裕もできてきて、いつも元気でいられる自分になりました。たまのランニングの時も身体が軽く感じられ、確かな体力の向上を実感できています。


清潔(せいけつ)
感のある落ち着いた雰囲気の中で、穏やかな気持ちでトレーニングができることはありがたく、常に心配りを忘れないスタッフの方々の姿勢や、会員の皆様のまじめにトレーニングに励む姿が私は好きです。日々小さなことの積み重ねですが、これからさらにどんな効果が得られるか楽しみでもあります。

 

充実した毎日をおくるための手段の一つとして、これからもトレーニングを続けていきたいです。

E.A.様 一般女性会員様 40

「B.M.L.トレーニングによる怪我の克服体験」(Vol.67-1 平成28年12月1日(木))

私は20149月に3年も迷った末に「ワールドウィング京都」に入会しました。



学生時代からシングルスメインのテニスを続けていますが、この大好きなテニスができなくなる危機が以下の3回ありました。そして、B.M.L.トレーニングによりこの危機の克服を大いに助けられたのです。


   19987月 マウンテンバイクで左肩の鎖骨・肩甲骨を骨折

   20144月 テニスのプレー中に臀部を強打して坐骨神経痛を発症

   201510月 テニスのプレー中に大転倒して左手首を骨折


   左肩骨折は水泳(スイム)で何とか治しましたが、違和感が少し残りました。2000年ごろ水泳(スイム)の友人からB.M.L.トレーニングについて教えてもらい、普通のウエイトトレーニングのマシンでB.M.L.トレーニングの真似をしていました。2011年にテニスの友人から「ワールドウィング京都」について教えてもらい体験も受けましたが、これまでのリハビリメニューでなんとかしておりました。



 

そんな時に②坐骨神経痛を発症してしまい、走るのも辛くなったのを機に、思い切って「ワールドウィング京都」に入会しました。インストラクターの正しい指導に基づく本物のB.M.L.Tマシンによる成果は大きく、坐骨神経痛も左肩の違和感も軽くなってきました。



 

昨年③左手首を骨折して相当に落胆しましたが、今度は最初から的確なB.M.L.トレーニングによるリハビリメニューを組んでいただいたおかげで、3ヶ月でテニス復帰を果たし、丸一年経った今は以前のレベルでプレー可能となっています。



 

このような困難なリハビリ体験を通して、本物のB.M.L.トレーニングの良さを実感し、街の真ん中で便利に使わせてもらえる「ワールドウィング京都」に心から感謝しています。



 

M.K.様 一般男性会員様 硬式テニス 

「ワールドウィング京都」と私(Vol.66-2 平成28年11月1日(火))

IMG_0016.JPGIMG_0012.JPG







































 

友人の紹介で「初動負荷トレーニング」を知りました。施設見学でコーチの丁寧な説明をうけ、使用器具、方法も他のジムのものと全く異なるものであることも印象的でした。

 


現在、通い始めて約3年になります。当初週1回くらいのペースでしたが、最近は自分の仕事のペースに合わせて、週23回と回数もやや増えてきました。気づかないうちに自己流でトレーニングを続けてしまうこともありますが、コーチに適切にアシストしていただいています。マンネリになりがちなトレーニングメニューも相談して少し変化をつけていただき、日々新鮮な気持ちでトレーニングを続けています。


 

仕事柄細かい手作業が多く、肩こり、腰痛が持病といっていいほどでしたが、現在は各部位が軽快に動くようになってきています。月12回のゴルフのラウンドでも身体が軽く回転するようになり、前向きにプレーに取り組めるようになってきました。トレーニングを続けて行くうちに関節の可動域も広がり、足腰の柔軟性も出てきたので、学生時代に親しんだスキーも再開しようかと思うほどになりました。


 

スタッフの方、コーチもとても親切で、会員の方々のマナーも良く、長く続けたいと思っております。

 

橋本 輝夫様 一般男性会員様 65歳 

 


« 前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | »