会員様の声

動作を探究する「楽しさ」(Vol.48 平成27年10月10日(土))

IMG_0072.JPG




























~1,000回ご来館記念(当施設学生会員様初!!トータルでは4人目のご達成)~


※K.H.様は以前も1度ご登場いただきました。今回は1,000回記念、2度目のご登場です。


「ワールドウイング京都」には、4年半前の設立当初からお世話になっています。


 

筋肉のみしか見ていないトレーニング法が多いのに対して、「初動負荷トレーニング」では筋肉を制御する神経の働きについて注目しているところが特別であると思います。



専用のマシンはよく設計されていて、負荷が動作中の良いタイミングで変化して反射を誘導し、力を発揮しつつも余計な(りき)みの起こらない良い動作を引き出してもらえます。トレーニングをした時の、身体のこわばり、(りき)みが取れ楽になる感覚が素晴らしくて通い詰めるようになり、気が付けば1000回達成となっていました。



 

トレーニングを始めてしばらくは、身体が楽になるという実感に対して、なぜそうなるかはあまり考えなかったのですが、続けるうちに身体の感度が良くなっていき、自分の身体を少しずつ把握できるようになってからは、トレーニングの時、身体のどこがどう働いているかということに興味がわき、解剖図で骨格や関節の形、筋肉の付き方を調べてみるようになりました。トレーニング中にどの動作の時はどこの筋肉が働き、どこがその拮抗筋(きっこうきん)になっているかを考えながら、力を入れるタイミングはどうか、どうすればより楽になるかいろいろ試してみるのは面白いです。



 

運動中に自分の身体がどう働いているか正しく把握するのは難しいですが、コーチの方々やマシンに動きを誘導してもらえることもあり、変に動き方が崩れることもなく続けることができ、体調を整えるのに本当に助かっています。今後も、より楽に、より自由に身体のコントロールができるようにトレーニングに励み、マシンなしでもよい動きを自分の身体だけでより引き出せるようにと思っています。

 

 

K.H.様 学生男性会員様 26歳(大学院ご在籍)

 


 

必要不可欠なもの(Vol.47-2 平成27年10月1日(木))

IMG_0067.JPG
IMG_0065.JPG








































私は現在、軟式野球をしています。所属しているチームの先輩から紹介していただき、「ワールドウィング京都」に出会いました。

 

私がトレーニングを重ね感じた変化は、身体の引っかかりのような感覚が無くなり、柔軟性、可動域が向上したことです。また、試合前日にトレーニングをすると、身体が軽く動きやすくなり、試合後にトレーニングをすると、翌日の疲労が軽減されているように感じます。

 

具体的には、スローイング動作で肘を引き上げやすくなった(トップに行きやすくなった)ことで、自然とそこからリリースに向けての腕の振りも良くなったと感じます。それに合わせ、投球動作後の肩まわりの疲労が軽減したのも実感します。

 

見た目に大きな変化があるわけではありませんが、私にとっては野球における、走・攻・守の全てにおいてプラスになっています。30代になり、身体機能は必ず衰えていきますが、その衰えを少しでも防ぎ1日でも長くプレーしたい私にとって、このトレーニングは必要不可欠なものです。

 

髙橋 弘樹様 一般男性会員様 30歳 野球 

 

 

トレーニングの結果(Vol.47-1 平成27年10月1日(木))

IMG_0042.JPG
IMG_0047.JPG






































私はここ「ワールドウィング京都」へ来て3年になります。

 

退職して運動不足の解消とダイエットを目的として通い始めました。なぜ、ここを選んだか?それはこの吉忠ビルの前を通る度に目にした「初動負荷トレーニング」という言葉に興味を持ったからです。

 

初めて体験した日、負荷が小さいのであまり運動をしたという気がしませんでした。ウエイトトレーニングの経験もあるので入会しようか迷いました。ダイエットは無理でも自分の身体のバランスを整えようと思ってここに決めました。

 

身体の変化は肩幅が大きくなったと思います。知らず知らずに前かがみになっていたのがまっすぐになった結果だと思います。友達は「体がスーッとした」と言ってくれます。今、週2回のペースでここに来ていますが、変形性膝関節症の痛みが無くなり、時々起こっていた右の股関節の痛みも無くなりました。週2回のテニスも体重の割には動けているのは、トレーニングのお蔭だと思っています。

 

さらに腹筋を鍛えることが出来れば自分でも納得のいくボディになるように思うのですが...。(←それでは、腹筋のメニューいきましょう!! スタッフ/田中)

 

T.S.様 一般女性会員様 63歳 

 

毎日がHoliday(^^♪ (Vol.46-2 平成27年9月1日(火))

IMG_0011.JPG
IMG_0018.JPG








































私は陸上競技をしており、専門は三段跳びです。

 

私が「ワールドウィング京都」に通うと決断したきっかけは色々ありますが、一番の決め手としては「もう怪我をするのは嫌なんや...」という自分自身の気持ちでした。そこで私はさっそく親に「ワールドウィング京都」に入会したいとお願いしたところ、親も私が怪我により記録が低迷しているのに痺れを切らしていたらしく、すんなり入会の許可が下りて私の<ワールドウィング生活>が始まることとなりました。

 

初めてジム内にある複数のマシンを目の当たりにしたとき、どれも不思議なフォルムをしていたため、私の好奇心を大きく刺激しました。いざマシンに触れて動かしてみると、今まで使用していなかった身体の部分が、痛みが軽減すると共にみるみる開拓されていくような感覚に変わり、やり終わると身体中が爽快感に満たされました。

 

それからというもの、私はやればやるほど身体が動くようになる爽快感がたまらず、常軌を逸したぐらい通いつめました。それが功を奏したのか、マシンの効果も短期間で顕著にみられ、以前より楽に大きな力を出せるようになり、陸上部のコーチにも動きがよくなったと褒められました。

 

これからも、練習とともに初動負荷マシンを強くなるため活用し、更なる高みを目指します。常日頃からお世話になっている山口さん、田中さん、西村さん、児玉さんには感謝の嵐です。今後ともよろしくお願いします。

 

垣本 幹太様 男性学生会員様 19歳 陸上競技/三段跳び 

 


「奇跡のトレーニング」の看板に偽りなし!(Vol.46-1 平成27年9月1日(火))

IMG_0030.JPG





















一昨年の師走しわす、たまたま妻とよしちゅうビルの前を通りがかった時に、「ワールドウィング京都」のリーフレットを目にしたのがきっかけです。「イチロー選手が取り入れているトレーニングの施設や!」と言うと、がぜん妻が乗り気に、2人で入会となりました。

 

2人揃って末永くゴルフを楽しめることが目的でした。妻は、腰痛持ちでしたが、きつい負荷をかけないこのトレーニングが合っていたようで、今では、コルセットもなしで、平気で1.5ラウンドを回っています。

 

私の方は、早く効果が欲しくて、コーチを困らせていました。でも、入会して3ヶ月ほど経った時、思わぬ効果を実感することに!若い時に肩を壊して、ボールを投げることはあきらめていたんですが、人数合わせで行った軟式野球の試合で奇跡が起こります。何ということでしょう!((たくみ)の技ならぬ初動負荷の技!?)、何の痛みもなしにボールが投げられたのです。

 

60歳を前にして、もう一度野球ができるとは...まさに「奇跡のトレーニング」です。(イチロー選手の元本拠地「神戸グリーンスタジアム」でのことです。何か縁を感じます。)

以来、「初動負荷トレーニング」の基礎的なトレーニングも楽しくなり、今では、土曜日は野球、日曜日はゴルフと忙しい週末を楽しんでいます。

 

コーチ、スタッフの皆さん、今後ともよろしくお願いします。

               

松葉 公博様 一般男性会員様 60歳 ゴルフ・野球

松葉 信子様 一般女性会員様 59歳 ゴルフ  

 


« 前へ | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | »