会員様の声

ライフラインを求めて辿(たど)り着いた聖地(Vol.78-2 平成29年9月1日(金))

真々庵にて.jpg













~海外からのゲスト接待の為に訪れた、自社京都ゲストハウスの庭園にて~







7月、「ワールドウィング京都」に入会して1年を迎えました。


 

私の職業は秘書ですが、長時間のデスクワークや出張、来客対応により、身体と神経を酷使(こくし)します。首も肩も背中も腰も、常に鉄のランドセルを毎日背負っているような有様でした。そして、不注意からの転倒による膝の半月板の損傷で、正座ができなくなるハンデも負いました。

 


入会前は、整体、(はり)、病院でのリハビリなど、最善の治療場所と方法を求め治療先ジプシーの日々でした。そんな折、友人から「あなたの身体には、今までの治療よりも効果的かも知れない」と、「ワールドウィング京都」を紹介してもらいました。


ただ、当時疲れ切っていた私はなかなか訪問する勇気が持てず、半年ほどの時間を経た頃、偶然、テレビの情報番組で、小山裕史先生が紹介される「初動負荷トレーニング」を拝見しました。「もうこれは神様のお導きだ」とおめでたく解釈した私は、すぐに問い合わせし、トレーニングを開始しました。


 

学生時代は文化部で、ほとんど使われてこなかった私の筋肉と強張った身体でしたが、少しずつほぐされ、動かされ、可動域が広がり、あんなに硬く凝り固まっていた首や肩にゆっくりと正しく血流が流れ始めた感覚がありました。



元気になると嬉しくて登山をしたり、無理をして、せっかく良くなった体調を壊す度に、児玉コーチはじめ、スタッフの皆様に辛抱強くフォローをいただいています。もう私がどんなに怒涛(どとう)のごとくパソコンを叩いて、鎧を装着したような身体になっても、不死鳥のように仕事に戻れるのも、「ワールドウィング京都」のお陰です。



今のトレンド的に申し上げると、「どれだけ感謝してると思う?37兆・・・あと2千億個!!」そう、37兆2千億個あると言われる身体の全細胞が、今や、私のライフラインである「ワールドウィング京都」と、紹介してくれた友人に感謝を叫んでいます。



今秋、東京転勤で京都の施設とはお別れとなりますが、東京では「ワールドウィング麻布」様に新たなライフラインを求めて上京予定です。今後共宜しくお願い致します。


 

横山 圭子様 一般女性会員様 

 





演奏家にとっての初動負荷トレーニング(Vol.78-1 平成29年9月1日(金))

西川様③.JPG





































西川様②.JPG



























バイオリンを弾き始めて40年以上経った私に、身体が警告音を鳴らし始めました。首や背中が慢性的に痛み、右手も痺れていました。冬にCD録音を控えていた2016年夏、「もうこれはなんとかしないといけない」と思っていた矢先、イチロー選手がしている「初動負荷トレーニング」をTVで見たのです。直感的に、「もうこれしかない!」と思いました。

 


私の勤める「京都市交響楽団」は、クラシック音楽の普通のコンサートの形態(休憩を挟み大体2時間)だけでなく、休憩が全くないオペラ、3時間座りっぱなしでの演奏もございます。


 

バイオリンという楽器は400450gほどで、顎と肩の間に挟んで構え、60gほどの弓を右手で持ち、弦を擦ります。「あまり重くないのね」と思われるかもしれませんが、長時間、演奏の姿勢を取り続けることは、身体に疲労を与え、蓄積させます。


 

具体的には、首、肩甲骨の周辺、手、腕、肩など楽器が直接身体に触れる辺りですが、私は実は股関節や腰が重要なのではないか?椅子に座り続けて股関節が硬くなり、上半身の柔らかさまで失われる悪循環なのではないかと感じています。


 

おかげさまで、股関節や肩甲骨が柔らかくなり、演奏においても疲労しにくい身体になりました。翌朝、首周りや身体が痛いこともほとんどなくなり、演奏活動にも大変良い影響を受けているなぁ、と実感しています。

 


「ワールドウィング京都」に出会えたことに感謝いたします!これからもトレーニングを続けて行きたいと思います。

 


西川洋子様 一般女性会員様 (杉江洋子様 京都市交響楽団第2ヴァイオリン副首席奏者) 


 ※公式ホームページはこちら

    ↓  ↓  ↓

 ヴァイオリニスト杉江洋子オフィシャルウェブサイト

 


表現力の溢(あふ)れる演奏を目指して(Vol.77-2 平成29年8月1日(火))

森本様②.jpg





























森本様①.jpg





















私の職業はオーケストラプレーヤーです。ヴァイオリンを弾いていると言うと、「優雅」というイメージを持たれがちですが、実際は優雅とは程遠い肉体労働です。オペラやバレエは3時間以上の楽曲もあって体力と集中力がいりますし、舞台上の華やかさとは真逆の地味な作業(練習)の毎日です。


 

 忙しい生活が続いていた頃、指が思うように動かなくなりました。お医者様に手術を勧められましたが、自分が身体の構造について何も知らないことを実感し、筋肉・神経・骨のことを勉強しました。力まない滑らかな弾き方を研究していた時に、TVで小山裕史先生の理論に出会いました(イチロー選手の3,000本安打達成という偉業のおかげです)。


 

演奏表現の豊かな人は、無限のイマジネーションを持っています。脳からの命令(イメージ)を妨げない神経回路と、命令に瞬時に反応できるしなやかな筋肉を保つことが、クオリティの高い演奏につながります。


 

スタッフの方々が教えてくださる知識は、日々追い求めているヴァイオリン奏法の最終結論に導いてくれます。細かい疑問にもいつも丁寧に応対してくださるので、ジムに行く度に新しい発見があり、本当に感謝しています。


 

 通い始めて1年、ようやくマシンと一体になって筋肉の弛緩や収縮を自然に感じられるようになりました。以前より体幹がしっかりして、楽に力強いフォルテシモや繊細なピアニシモを出せるようになりました。人間の身体はとても奥深い。その能力の数%程しか使いこなせていないのではと思うと、勿体(もったい)なく感じます。でも、気づいた時がスタートだと思って、今は取り組んでいます。



人生の経験を重ねると、出したい音や想いも変化してきます。今の自分が出したい溢れる想いを音楽で表現できるよう、身体のメンテナンスを続けていきます!


 

森本 京子様 一般女性会員様(京都市交響楽団)  

初動負荷トレーニングへの「期待」と「驚き」(Vol.77-1 平成29年8月1日(火))

IMG_0182.JPGIMG_0184.JPG














































昨年5月にBeMoloシューズに出会い、高齢者の私にもぴったりの「初動負荷トレーニング」に期待して、8月に「ワールドウィング京都」に入会させていただきました。


 

まず、トレーニングを始めて数週間で柔軟性、可動域に変化が見られ、膝痛も軽減して驚きました。


 

その次の驚きは、トレーニング開始から3ヶ月を過ぎ、初めて「スタンディングヒップジョイント(5Kg)」を使用したときです。脚の軽さは、今までに経験したことのない感覚でした。


 

最大の驚きは、今年5月の健康診断の結果を見た看護師さんの「エッ! 本当! すごいですね」の声でした。昨年に比べ体重が-4.5Kg、腹囲は-9.7㎝でメタボを軽くクリアしていたからです。「このまま続けてくださいね」と言葉をいただき、トレーニング成果を実感するとともに、継続することを強く意識しました。


 

今後も、「初動負荷トレーニング」ファーストの生活を送りたいと思っております。コーチの皆さん、宜しくお願い申し上げます。


 

竹下 崇様 一般男性会員様 63歳 バドミントン


理想の自分に近づくために(Vol.76 平成29年7月1日(土))

IMG_0172.JPG

IMG_0167.JPG



























歳をとるにつれて、思うように動かなくなっていく身体をなんとかしたいという思いで「初動負荷トレーニング」を始めてから、2年と4ヶ月が過ぎました。

 


身体の変化を感じられるまで、約1年かかりました。

 


トレーニングを始めて1年経ち、2年目に入った頃から、日常生活での疲労が軽減したり、今まで重かった身体の動きが軽くなったりと、はっきりと効果を実感できるようになりました。

 


「ワールドウィング京都」はアクセスも良く、スタッフの皆さんも親切で丁寧に接して下さるので、続けるには最高の環境だと思います。

 


これからも「初動負荷トレーニング」をできる限り継続して取り組み、理想の自分に近づけるよう努力していきたいと思います。

 


田中 宏典様 一般男性会員様 31

 






| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | »