会員様の声

「マシンの動作を、1本の跳躍に」(Vol.82-2 平成29年12月28日(木))

IMG_0292.JPG






















IMG_0298.JPG

















僕は、陸上の走り幅跳びの選手です。


 

「ワールドウィング京都」には、以前所属していた陸上クラブチームのコーチに勧められて入会しました。


 

初めてマシンを使用した後の感想は、「身体が軽くなった」でした。マシン使用の前後で、前屈に大きな変化があったことには驚きました。


 

今は陸上の練習の前後に、「コンディションの調整」や「疲労回復」を目的として使用しています。


 

腰痛を起こした時期がありました。肉体的にも精神的にもつらい時期でした。そんな時、いつもトレーナーの方々が僕に合ったメニューを考えて励ましてくれました。


 

苦しい時期を乗り越えた後、記録も非常に伸びました。マシンの中で僕の専門の走り幅跳びに活かせそうな動作は、練習で意識しています。マシンは僕が遠くに跳ぶために欠かせない存在です。


 

これからも、「初動負荷トレーニング」と「ワールドウィング京都」のトレーナーの方々を信じ、大舞台で活躍できるよう、日々の努力を積み重ねていきたいと思います。


 

B. E.様 14歳 男性学生会員様 陸上競技

 





何歳になっても、まだ行ける。(Vol.82-1 平成29年12月28日(木))

私は67歳でゴルフを楽しんでいます。


 

「ワールドウィング京都」に通っているお友達から、飛距離が伸びたという話を聞き、私も、と思い「体験トレーニング」をさせていただきました。次の日、いつも詰まっている首がスカ―ッとしたので、これは良いと思い、入会しました。


          

股関節が弱く、ゴルフでは16ホール目くらいになると痛くなっていましたが、1年半くらい経った頃から、そういうことも、なくなってきました。ドライバーの飛距離も、少し伸びた気がします(「ワールドウィング京都」では、会員の方を対象としたコンペも年に2回開催されていて、私も参加しています)。


 

O脚がきついのも少しマシになってきていますし、太腿もしっかりしてきた感じです。トレーニングをしている時、最初は汗をかかなかったのが、最近はしっかり汗をかくようになりました。


 

100kgもありそうなアメフトの選手から、50kgもないような華奢(きゃしゃ)な女性や小学生、70歳以上の方まで、さまざまな方を受け入れてくれるマシンは素晴らしいです。


 

一週間も行けなかったりすると、「あー行きたい」と思います。まだまだこれから、という気持ちにさせてもらっています。


 

Y.K.様 67歳 女性一般会員様  ゴルフ

終わりなき進化を続けるトレーニング(Vol.81-2 平成29年12月1日(金))

伴野様。.JPG














私は、ソフトボールの選手です。怪我で競技ができない中、偶然家にあった小山裕史やすし先生の本を読み、「初動負荷理論」と出会いました。

 


実際に行なうと、初めの頃は動きが硬かったのですが、1年経った今では(りき)みも減り、朝起きた時に張りや痛みを全く感じなくなりました。


 

自分の身体と向き合い、内なるサインに気づけるようになったことで、些細(ささい)な体調の変化もコントロールできるようになりました。


 

何よりも、怪我でしんどい(・・・・)時期に「まだまだこれからだ!」と思わせてくれました。それは、このトレーニングには終わりがなく、自分次第でどこまでも追求できると思えたからです。


 

これからも「良くなるため」の手段のひとつとして取り組み、ワクワクするような挑戦をしていきます。


 

伴野 紗菜様 19歳 女性学生会員様 ソフトボール 

 
















マシンを信じて(Vol.81-1 平成29年12月1日(金))

マッサージをお世話になっている「ワールドウィング京都」の女性会員の方から、「初動負荷トレーニング」の話を伺いました。

 


腰痛に悩まされて水泳を始め、半年で腰痛もなくなり、今では起きたら水泳という毎日が30年、日課になりました。

 


21歳で始めたゴルフは、年100ラウンドを目標にしておりますが、以前のパワーもなくなり、年下とのプレーにはストレスも感じる今日この頃です。何が問題か理解せず、ギア(道具)ばかり()えていましたが、体力、筋力の衰えを実感し、ストレッチ、筋力アップを目的に「初動負荷トレーニング」を始めました。2年目を迎え、来館は年間100日を超えています。最近は身体も柔らかく、飛距離も伸び、姿勢もいいと言っていただき、肩こり、腰痛もなくなりました。

 


半信半疑で始めた「初動負荷トレーニング」ですが、スポーツの後にすることによって、疲れも溜まらなくなったように感じます。


 

"イチロー選手が使っているマシン"を信じて続け、ある程度結果が出たことに満足しています。これからも「継続こそ力なり」を信じ、続けていきます。


 

國谷 弘和様 65歳 男性一般会員様  ゴルフ/水泳

 

 

 

変化(Vol.80-2 平成29年10月31日(火))

⑤.jpg





















②.jpg





















<柔らかく、しなやかなプレーがしたい。>私の、野球をする上でのひとつの課題です。筋力、パワーには自信がある反面、その力を効率よく発揮することができず、悩んでいました。そんな時、「初動負荷トレーニング」に出会いました。



 私はピッチャーをしているのですが、肩甲骨周りが硬く、下半身においてはよく怪我をしていました。通い始めて1年くらいですが、今シーズンは下半身の怪我は一度もありません。


 

ランニングでは自然と足が前に出る。ピッチングでは下半身の動きが改善され、スムーズになった、とチームメイトからも言われました。自分でも、全身の可動域が広がって動きに余裕が出たため、関節や筋肉に無理なストレスがかからなくなったと感じています。


 

トレーニングでは、コーチの方にメニューを組んでもらい、意欲的に取り組むことができています。これからどんな風に身体やプレーが変わっていくか、楽しみでワクワクしています。

 


笠原 優子様 27歳 一般女性会員様 女子硬式野球(京都フローラ) 

 

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | »