会員様の声

腰痛の人に勧(すす)めたい気持ちです。(Vol.84-2 平成30年4月29日(日))

会員の友人から紹介していただいて、20143月に入会しました。


 

理由は腰痛です。診察を受けると、臀部の「梨状筋(りじょうきん)」と呼ばれる筋肉の状態が悪く、それが坐骨神経を圧迫して、身体の左側に(しび)れが出たとのことでした。毎日、痛み止めの錠剤(じょうざい)2錠ずつ飲み、鍼灸院(しんきゅういん)にも毎週通う生活でした。その状態が、トレーニングを始めて3ヶ月でピタリとなくなったのです。予想を超える驚きでした。


 

思い返せば、「PELVIS(ぺルビス)」という骨盤から股関節を内側へ回すマシンの動作が、最初はまったくと言っていいほどできませんでした(笑)。それが徐々に変化し、現在では以前は決して回らなかった位置まで動作できるようになりました。痛み自体も、以前ほどではなくなりました。

 


おかげさまで、ゴルフも快適に楽しめています。関節可動域が広がり、骨盤位置が安定したためか、飛距離も伸びました。こうした身体の変化は個人差があるものですが、腰痛の人にはぜひ、私の変化を知ってもらえるとよいのではないでしょうか。これからも、トレーニングを続けていきたいと思います。


 

木村 (あつし)様 一般男性会員様 61歳 ゴルフ