会員様の声

「マシンの動作を、1本の跳躍に」(Vol.82-2 平成29年12月28日(木))

IMG_0292.JPG






















IMG_0298.JPG

















僕は、陸上の走り幅跳びの選手です。


 

「ワールドウィング京都」には、以前所属していた陸上クラブチームのコーチに勧められて入会しました。


 

初めてマシンを使用した後の感想は、「身体が軽くなった」でした。マシン使用の前後で、前屈に大きな変化があったことには驚きました。


 

今は陸上の練習の前後に、「コンディションの調整」や「疲労回復」を目的として使用しています。


 

腰痛を起こした時期がありました。肉体的にも精神的にもつらい時期でした。そんな時、いつもトレーナーの方々が僕に合ったメニューを考えて励ましてくれました。


 

苦しい時期を乗り越えた後、記録も非常に伸びました。マシンの中で僕の専門の走り幅跳びに活かせそうな動作は、練習で意識しています。マシンは僕が遠くに跳ぶために欠かせない存在です。


 

これからも、「初動負荷トレーニング」と「ワールドウィング京都」のトレーナーの方々を信じ、大舞台で活躍できるよう、日々の努力を積み重ねていきたいと思います。


 

B. E.様 14歳 男性学生会員様 陸上競技