会員様の声

4年目を前にして。(Vol.80-1 平成29年10月31日(火))

「ワールドウィング京都」に入会して、4年が目前に迫ってきました。


 

そもそもの入会のきっかけは、「ワールドウィング京都」がテナントで入っている「株式会社/吉忠」の吉田忠嗣社長からのご紹介でした。吉忠様の建物は以前から知っていましたが、その2階にトレーニングジムが開設したのは初耳でした。


 

現在、一つひとつのマシンでの動作をじっくり深めるように取り組んでいます。コーチからメニューの変更を勧められることもありますが、()えてじっくり取り組むように希望を伝えています。なかなか仲良くなれない(=動作のポイントが掴み切れない)マシンもありますが、4年近く取り組む中で、着実な身体の変化を感じます。


 

私は、少林寺拳法を40年以上続けています。トレーニングで、体幹の動きが引き出されてきた感覚が生まれています。年齢とともに、動作は少しずつ衰えていく、という認識が変わり、あきらめかけていた動きがまだ可能だと実感しました。いろんな要素はあると思いますが、「初動負荷トレーニング」との関連は、間違いありません。


 

これからも、自分のペースと感覚を大切に、少林寺拳法に活かせる動作を追求していきたいと思います。

(構成/児玉)

 


T.M.様 一般男性会員様 62歳 少林寺拳法