会員様の声

まだまだ育ち盛り~金メダル記念/特別編~(Vol.75 平成29年6月11日(日))

IMG_0156.JPGIMG_0150.JPG


































※一緒にご来館された奥様と
 ツーショットで♪

IMG_0151.JPG


































「ワールドウィング京都」に通い始めて、6年近くが経ち、1000回の来館を達成することができました。正直なところ、もう少し早く達成すると思っていました。なぜなら、この1000回の中には1日のうちに2回トレーニングをしている日も少なくなかったからです。


 

このようなことをしていたのは、1000回に早く到達したいからではなく、「ワールドウィング京都」のトレーニングが毎回新鮮であり、1000回全てで味わえた感覚が、毎回違っていたからです。だから、同じ日でも1回目と2回目では違う感覚を体得でき、しんどいという気持ちより、「2回目はどんな変化を感じられるだろう」という期待感の方が強く、その積み重ねが1000回につながったと思います。

 


さて、トレーニングを行っている理由は、私がアルペンスキーに打ち込んでいるためです。そして、この「ワールドウィング京都」に通い始める前までは、身体を鍛えるという観点でトレーニングジムに通っていました。しかし、「ワールドウィング京都」に通い始めてからは、身体のメンテナンスを行う感覚に変わり、最近は今まで感じることができなかった「新しい感覚」を探すイメージに変わっています。そのため、自分の身体と会話しながらトレーニングをしている気分で楽しむことができます。


 

ところで、少し前から始まった春と秋の「体力測定会」は継続的に参加させてもらっています。私の年齢もすでに44歳になっていますが、成績は落ちることなく、少しずつ伸びています。今まで何もしていなかった状態からトレーニングを始めていたなら、この現象は当然だと理解できますが、それまでも身体に対して気を遣っていただけに、驚かされる結果であり、「初動負荷トレーニング」の効果を証明していると思っています。これが私自身のモチベーションの維持・向上につながり、毎日のように「ワールドウィング京都」に通う日々が続いています。


 

このトレーニングがあれば、いつまでも身体は成長期であり続けられると感じています。そして、「ワールドウィング京都」と共に、これからも進化し続けていければと考えています。

 


西脇吉次様 44歳 一般男性会員様 アルペンスキー