会員様の声

「B.M.L.トレーニングによる怪我の克服体験」(Vol.67-1 平成28年12月1日(木))

私は20149月に3年も迷った末に「ワールドウィング京都」に入会しました。



学生時代からシングルスメインのテニスを続けていますが、この大好きなテニスができなくなる危機が以下の3回ありました。そして、B.M.L.トレーニングによりこの危機の克服を大いに助けられたのです。


   19987月 マウンテンバイクで左肩の鎖骨・肩甲骨を骨折

   20144月 テニスのプレー中に臀部を強打して坐骨神経痛を発症

   201510月 テニスのプレー中に大転倒して左手首を骨折


   左肩骨折は水泳(スイム)で何とか治しましたが、違和感が少し残りました。2000年ごろ水泳(スイム)の友人からB.M.L.トレーニングについて教えてもらい、普通のウエイトトレーニングのマシンでB.M.L.トレーニングの真似をしていました。2011年にテニスの友人から「ワールドウィング京都」について教えてもらい体験も受けましたが、これまでのリハビリメニューでなんとかしておりました。



 

そんな時に②坐骨神経痛を発症してしまい、走るのも辛くなったのを機に、思い切って「ワールドウィング京都」に入会しました。インストラクターの正しい指導に基づく本物のB.M.L.Tマシンによる成果は大きく、坐骨神経痛も左肩の違和感も軽くなってきました。



 

昨年③左手首を骨折して相当に落胆しましたが、今度は最初から的確なB.M.L.トレーニングによるリハビリメニューを組んでいただいたおかげで、3ヶ月でテニス復帰を果たし、丸一年経った今は以前のレベルでプレー可能となっています。



 

このような困難なリハビリ体験を通して、本物のB.M.L.トレーニングの良さを実感し、街の真ん中で便利に使わせてもらえる「ワールドウィング京都」に心から感謝しています。



 

M.K.様 一般男性会員様 硬式テニス