会員様の声

「応援お願い申し上げます。」(Vol.55-2 平成28年3月1日(火))

三輪様お写真。.png

































京都大学アメリカンフットボール部でGeneral Manager(ゼネラルマネージャー)兼コーチをしております三輪と申します。

 

この度はチームとの団体契約を「ワールドウィング京都」様に快諾いただき、2月よりチームの約1/3にあたる総勢33名の選手達がお世話になっております。競技の性質上図体が大きい(?)学生達がお邪魔して、一般の方よりスペースをとってしまいますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

「初動負荷トレーニング」を知るきっかけとなったのは、やはりイチロー選手、山本昌投手、ゴルフの青木功プロといった超一流のプロスポーツ選手の方々が積極的にトレーニングに取り入れているという記事で、以前より非常に興味を持っておりました。

 

そこで、2年前にまずは自分で始めてみて、特に肩甲骨・股関節周りの可動域の拡大に非常に有効であることを確認し、今般チームとしてトレーニングの一環に取り入れさせていただくことに致しました。

 

チームとして「初動負荷トレーニング」を取り入れる目的は、①関節可動域の拡大による競技パフォーマンスの向上、②怪我の予防、③筋トレや練習による筋疲労からの早期回復、が挙げられます。秋のリーグ戦までには必ず成果を出して、試合でいいパフォーマンスを発揮してくれるものと期待しております。

 

「ワールドウィング京都」で選手達を見かけましたら是非お声をかけていただき、できましたら試合会場にて選手達が活躍する姿をご覧いただけましたら幸甚(こうじん)です。ご指導・ご鞭撻(べんたつ)ならびにご声援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

三輪 誠司様 一般男性会員様 51