トレーニングの特長と効果

初動負荷トレーニングとは?

初動負荷トレーニング初動負荷トレーニングとは、株式会社ワールドウィングエンタープライズ代表、小山裕史先生が発明・創案した世界的に注目されるトレーニング法です。
株式会社ワールドウィングエンタープライズでは、1981年創立以来、数多くのトップアスリートを輩出し、そのフォーム作りや故障の改善につとめてきました。その長年の指導と、動作とトレーニングの研究を続ける中で確立されたのが、画期的な「初動負荷理論」、それに基づくトレーニングが「初動負荷トレーニング」です。

初動負荷理論の定義

WORLD WING THE B.M.L. TRAINING
初動負荷理論(Beginning Movement Load Theory)は、その創案者である代表小山裕史先生によって以下のように定義されています。
 
『反射の起こるポジションへの身体変化及び、それに伴う重心位置変化等を利用し、主働筋の「弛緩—伸張—短縮」の一連動作を促進させると共に、その拮抗筋ならびに拮抗的に作用する筋の共縮を防ぎながら行う運動』(小山裕史:『「奇跡」のトレーニング』)
 
そして、その実践法が初動負荷トレーニング(Beginning Movement Load Training:B.M.L.T)です。

トレーニングの特長

トレーニングの特長初動負荷トレーニングは、神経と筋肉の機能に着目したトレーニングです。神経と筋肉の協調性や相互作用を高められるので、余計な力感なく筋出力が高まり、しなやかで精緻な動作を追求する上で非常に有効です。
 
独自に開発された初動負荷トレーニングマシン(以下B.M.L.マシン)を用いるため、身体への負担も少なく、安全にトレーニングしていただけます。急激な心拍数や血圧の上昇を招かない特長を有していますので、血圧の気になる方、ご高齢の方にもご安心いただけるトレーニングです。身体の反応については、さまざまな検証がなされていて、この他にも多くの有益性が確認されています。
スポーツ選手はもちろんのこと、成長期にある中学・高校生、女性、ご高齢の方など、あらゆる対象の方に行っていただけることも特長の1つです。競技力向上をはじめ、健康の維持・増進、ダイエット、リハビリテーション、生活習慣病など疾患予防まで、その目的も多岐にわたります。
近年、国際特許を取得したB.M.L.マシンを中心に身体機能改善のさらなる効果が認められました。さらに、故障の早期回復やリハビリテーション目的で実施される方が一段と増えています。
このように、身体状況、競技種目、年齢など幅広い層の方に対応できるトレーニングです。トレーナーとともに、それぞれの方に適したプログラムを確認の上、取り組んでいただくことができます。

トレーニングの効果

トレーニングの効果初動負荷トレーニングの主な効果としては、以下のことが挙げられます。
神経筋機能の促進、筋の柔軟性向上、血流や代謝の促進、老廃物の除去、身体の歪みの矯正、関節可動域の拡大、関節や筋肉のストレスの除去 etc.
スポーツなど競技場面における瞬発力やパワーの向上、怪我や故障の予防・改善にも役立ちます。また、さまざまな疾病の予防・改善にも効果的です。
このトレーニングにおける動作形態では、疲労物質が速やかに除去されることも特記されます。そのため、疲労の蓄積や筋肉痛なども起こりにくく、日常生活や仕事で疲労のたまった方のリフレッシュにも、競技に携わる方のストレス除去にも、有効な事例が数多く見られています。

初動負荷トレーニング対象者

中学生・高校生・大学生・社会人・高齢者・アスリート・スポーツ未経験者
 
小山先生の指導選手には数多くのトップアスリートが含まれます。一方で、血圧や心拍数の急激な上昇を招かずに代謝を高めることから、病院や医療施設でのリハビリテーションなどでも採用されています。代謝が高まることから、体脂肪の燃焼を促すことにもつながります。
さらに、現在においては高齢者の介護予防や生活習慣病の予防にも適したトレーニングです。加齢とともに、筋肉の柔軟性・弾力性の低下もみられますが、独自のマシーンを使い、適切な負荷をかけることで、求めたい動作が誘導されます。苦痛や疲労感を伴わずに実施できますので、体力に自信のない方にも安心してトレーニングを行っていただけ、基礎代謝を高めることからダイエット効果なども期待できます。